Research

社長脳内リサーチ

社長脳内リサーチモテ編

社長が付き合った人数
平均
「7.76人」最多は「30人」!

4人に1人が社長になってから恋愛で悩んだ経験アリ!
3割が「経営よりも恋愛が難しい」と回答。女心には社長も苦戦!?「モテる社長」としてイメージするのは 1位「福山雅治」

全国の社長のカード付きポテトチップスをきっかけに、PRや採用、ブランディングなどを支援するプラットフォーム 「社長チップス」 を提供している株式会社ESSPRIDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川世一)は、数多くの社長に出逢う中その生態にユニークな点が多いことに着目し、「社長って何を考えているの?」「社長の人生って?」「社長が好むものって?」など、社長ならではの経験や趣味・嗜好を知るべく、毎回調査テーマを設け「社長脳内リサーチ」としてシリーズ展開しています。今回は「社長のモテ度」に関する調査結果をご紹介いたします。

調査方法

  • 方法

    インターネット調査
    (株式会社Shake hands by ESSPRIDE調べ)

  • 対象者

    全国の20~59歳で従業員数10名以上300名未満の経営者 100名

  • 実施日

    2018年10月11日(水)
    〜10月12日(金)

あなたはこれまでに何人の方とお付き合いしましたか。(単数回答 n=100)

社長の恋愛遍歴としてこれまでにお付き合いした人数を聞きました。お付き合いした人数の平均は「7.76人」となりました。回答割合が最も多かったのは「11人以上」26.0%で、具体的人数を聞いたところ、最もお付き合いした人数が多い方は「30人」となりました。

あなたは女性にモテる(人気がある、好かれている)と思いますか。(単数回答 n=100)

ご自身が女性にモテると思うか聞いたところ、「そう思う」43.0%、「そう思わない」57.0%となりました。自己評価は控えめといえるかもしれません。

あなたが女性にモテるためにやっていることをお答えください。(複数回答 n=100)

女性にモテるためにやっていることの1位は「身だしなみを整える(髪、肌、ひげ、爪など)」59.0%で半数以上の方が回答しました。次いで「口臭や体臭に気を付ける」35.0%、「若々しい印象を意識する」25.0%となりました。具体的な行動よりも、まずは外見やニオイケアで印象をよくしようと努力する方が多いようです。社長といえど、モテを意識するなら基本的な身だしなみから、というのは一般的なサラリーマンと同様なのではないでしょうか。「女性にモテるためにやっていることはない」と回答した方は29.0%と、7割以上の社長が女性にモテるために何かしら努力をしていることが明らかになりました。

あなたは社長になってから恋愛で悩んだことがありますか。(単数回答 n=100)

社長は経営に関しては悩みがつきないものですが、社長になってから恋愛で悩んだことがあるか、お聞きしました。その結果「ある」24.0%と、およそ4人に1人の社長が、社長になってから恋愛で悩んだ経験があることが判明しました。

あなたは経営と恋愛、難しいのはどちらだと思いますか。(単数回答 n=100)

  • 【経営】の回答理由
    • ・社員の生活がかかっているから。(57歳・山梨県)
    • ・責任の重さが全く異なります。(50歳・東京都)
  • 【どちらかといえば経営】の回答理由
    • ・経済力がないと恋愛もうまくゆかない。(59歳・秋田県)
    • ・経営は相手を選べないから。(38歳・岐阜県)
  • 【どちらかといえば恋愛】の回答理由
    • ・未だ女心がわからない。(51歳・大阪府)
  • 【恋愛】の回答理由
    • ・ビジネスでの対人関係の方が思考がシンプルなので。(42歳・徳島県)
    • ・バレずにできるか。(40歳・大阪府)

経営と恋愛、難しいと思うのはどちらか聞いたところ、「経営」50.0%、「どちらかといえば経営」22.0%と、7割以上の社長が「恋愛よりも経営の方が難しい」と回答する結果となりました。回答理由を見ると、「経営」「どちらかといえば経営」と回答した方は、 関わる人間の数や責任の重さが1対1の恋愛と比べてはるかに大きいことから経営が難しいと考えていることがわかりました。「恋愛」「どちらかといえば恋愛」と回答した方は、女心を理解するのが難しく、思ったようにいかないと考えていることがわかりました。ビジネスでは百戦錬磨の社長も、恋愛においては相手の心が読めず、想定外の事象に苦心することがあるようです。

あなたが考える、恋愛に必要だと思う能力をお答えください。(複数回答 n=100)

恋愛に必要だと思う能力をお聞きしました。第1位「思いやり」50.0%、第2位「誠実さ」43.0%、第3位「マメさ」41.0%という結果となりました。また、およそ4人に1人が「センス」24.0%と回答しており恋愛は学習や努力では補えない感覚的な力も必要だと感じている方が多いようです。

あなたが思う「モテる社長」のイメージに近い有名人をお答えください。(単数回答 n=100)

1福山雅治 22.0%
2佐藤浩市 20.0%
2渡辺謙 20.0%
4阿部寛 19.0%
5高橋克典 17.0%
6舘ひろし 14.0%
6堤真一 14.0%
8西島秀俊 12.0%
9江口洋介 11.0%
10唐沢寿明 10.0%
10役所広司 10.0%

女性にモテるために外見を気にしたり、時には恋愛に悩むこともある社長たちが思う「モテる社長」のイメージに近い有名人1位は「福山雅治」22.0%となりました。モテる男性ランキングの常連の福山雅治さんですが、社長の目から見てもモテる男性として目標にしたい存在なのかもしれません。第2位は同率で「佐藤浩市」「渡辺謙」20.0%、第3位は「阿部寛」19.0%となりました。

考察

社長の生態に迫るべく、今回は社長のプライベートな部分である「恋愛」「モテ度」について調査しました。
社長チップスでお会いする社長たちは、みなさんキャラクターがとても個性的で、話術にも長けている上、周囲の人に対する気配りが細やかで、性別を問わず惹きつけられる魅力にあふれています。きっと女性にもモテるのだろうという印象を抱かせる方が多いのですが、今回の調査で「ご自身が女性にモテると思うか」を聞いてみると「モテると思う」と回答した方は半数以下と、少々意外な結果となりました。しかし女性にモテるために7割以上の社長が何かしら努力をしており、身だしなみや外見に気をつける社長が多いことがわかりました。より親密な関係になるために第一印象が重要なのは、恋愛にもビジネスにも共通していえることのようです。
また、経営と恋愛、どちらが難しいと思うか聞いたところ、約3割の社長が「経営より恋愛の方が難しい」と回答していることも興味深い結果です。ビジネスでは素早い判断と行動力で多くの人・モノ・金を動かす社長にとって、特定の女性が相手となる恋愛の場面では、想定外のことが多く、スピーディーに“処理”できないことに戸惑いを感じるのかもしれません。

次回は「社長の恋愛・デート事情」に関する調査結果をご紹介します。

各種お問い合わせ