Research

社長脳内リサーチ

社長脳内リサーチ年忘れ・新年の決意編

平成最後の忘年会でやらかした!
「ぼったくりバーで5分20万円」
2019年初詣 社長のお賽銭 平均「2,394円」過去最高は「150万円」

社長が2019年に叶えたい目標・夢は?「別荘を買う」「アマチュア無線タワー建設」「アメリカの気球大会参加」

全国の社長のカード付きポテトチップスをきっかけに、PRや採用、ブランディングなどを支援するプラットフォーム 「社長チップス」 を提供している株式会社ESSPRIDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川世一)は、数多くの社長に出逢う中その生態にユニークな点が多いことに着目し、「社長って何を考えているの?」「社長の人生って?」「社長が好むものって?」など、社長ならではの経験や趣味・嗜好を知るべく、毎回調査テーマを設け「社長脳内リサーチ」としてシリーズ展開しています。今回は「社長の年忘れ・新年の決意」に関する調査結果をご紹介いたします。

調査方法

  • 方法

    インターネット調査
    (株式会社Shake hands by ESSPRIDE調べ)

  • 対象者

    全国の20~59歳で従業員数2名以上300名未満の経営者100名

  • 実施日

    2018年12月25日(火)

あなたが2018年の忘年会で使った総額をお答えください。(数値回答 n=76 ※2018年の忘年会に参加した方)

平均

6.11万円

最高

100万円

社長が2018年の忘年会で使った総額は、平均「6.11万円」、最高では「100万円」となりました。金額が高かった方は、豪華な会に参加したり、会費を多く払ったりと、平成最後の忘年会に大盤振る舞いをしたのかもしれません。

あなたが2018年に参加した忘年会の回数をお答えください。(単数回答 n=100)

※仕事の忘年会、プライベートの忘年会、それぞれの回数を回答。

平均回数

(仕事・プライベート合わせて)

2.27万円

仕事の忘年会
最多回数

6万円

※参加しない 37.0%

プライベートの忘年会
最多回数

5万円

※参加しない 34.0%

2018年に参加した、仕事の忘年会とプライベートの忘年会の回数は、仕事・プライベートをあわせて平均「2.27回」となりました。仕事の忘年会のみでの最多回数は「6回」、プライベートの忘年会のみでの最多回数は「5回」。仕事だけでなく、プライベートの交友関係も大切にしているのでしょうか。一方、仕事の忘年会に「参加しない」37.0%、プライベートの忘年会に「参加しない」34.0%と、忘年会に参加しない社長もいました。

あなたが2018年の忘年会を盛り上げるために行った一発芸や挑戦したことなどがあればお答えください。(自由回答 n=69 ※2018年の忘年会に参加した方)

  • ビンゴゲームの賞品としてヴィトンの財布をゲーム直前に差し入れして、ユニクロの折り込み広告紙で包装。当選者が包みを開けた時、会場が盛り上がりました。(58歳男性/埼玉県)
  • 地方局の天気予報のお兄さんのものまね。(47歳男性/愛知県)
  • フラメンコ。(59歳男性/岩手県)
  • 大喜利。(44歳男性/長野県)

仕事またはプライベートの忘年会に参加した社長に、忘年会を盛り上げるためにご自身が行った一発芸や挑戦したことをお聞きしました。ビンゴに高額な景品を差し入れ、包装も工夫してサプライズをしたという、なんとも社長らしい回答が挙げられました。サプライズに参加者は盛り上がったことでしょう。また、ものまね、フラメンコ、大喜利などで盛り上げたとの回答もありました。いざという時の持ちネタがある、芸達者な社長もいるようです。

2018年の忘年会での失敗談があればお答えください。(自由回答 n=69 ※2018年の忘年会に参加した方)

  • 隣の宴会場に乱入した。(53歳男性/大阪府)
  • 終電を乗り過ごした。(52歳男性/神奈川県)
  • ぼったくりバーに連れ込まれ、5分で20万円払わされた。(55歳男性/東京都)
  • 今年は特になし。(48歳男性/大阪府)

2018年の忘年会での失敗談をお聞きしたところ、酔っぱらってか、隣の会場に乱入した、終電を乗り過ごしたなどの回答が挙げられました。またぼったくりで高額な料金を払うはめになってしまったという方もいました。まさに、忘れてしまいたい、なかったことにしたいような事件があったようです。「今年はなし」という方も数名おり、2018年は無事終えられたけれど例年は何か失敗をしていることがうかがえます。頑張った一年をねぎらう会、年忘れの会と思えばこそ、失敗するほどお酒を飲みすぎてしまうこともあるのかもしれません。

あなたが2019年に参加を予定している新年会の回数をお答えください。(単数回答 n=100)

※仕事の新年会、プライベートの新年会をあわせた回数を回答。

平均

1.71万円

※参加しない 41.0%

最多

9万円

2019年に参加を予定している新年会の回数は仕事の新年会、プライベートの新年会をあわせて平均「1.3回」、最多は「9回」となりました。平均回数を見ると、忘年会に比べ、新年会は回数が少なめのようです。また「参加しない」の割合も41.0%と、忘年会と比べて多くなっています。新年は仕事始めで忙しく、新年会への参加は控えめなのかもしれません。

あなたは2019年のお正月に初詣をする予定はありますか。会社、プライベートそれぞれについてお答えください。(単数回答 n=100)

※お正月は1月1日~1月8日の期間として回答。
※会社での初詣は社員と一緒に参拝するなど、会社行事として行くものとして回答。

会社
プライベート

2019年のお正月に初詣をする予定があるかお聞きしました。会社行事として社員と一緒に初詣をする予定がある方は27.0%、プライベートで初詣をする予定がある方は67.0%となりました。お正月休みのうちに初詣を済ませる方も多いのかもしれません。

あなたが2019年の初詣で納める予定のお賽銭額をお答えください。
(数値回答 n=69 ※2019年に初詣をする予定のある方)
あなたがこれまでに納めたお賽銭の過去最高額をお答えください。
(数値回答 n=69 ※2019年に初詣をする予定のある方)

※2019年に会社とプライベートで初詣をする予定のある方は、
それぞれで納める予定のお賽銭をあわせた金額を回答。
※これまでに納めたお賽銭額の過去最高額は、仕事/プライベートを問わず回答。

2019年 平均

2,394万円

2019年 最高

10万円

過去最高

150万円

2019年の会社での初詣、プライベートでの初詣をあわせて納める予定のお賽銭額を聞いたところ、平均「2,394円」、最高で「10万円」となりました。一般的なお賽銭額と比べると高額と言えるのではないでしょうか。また、これまでに最も多くの額を納めたお賽銭額について聞くと、その回答の中での最高額はなんと「150万円」。「厄払いと事業繁栄の祈祷料、記念行事として貫首への袈裟の奉納料」のため、この金額になったそうです。伝統やしきたりを大事にする社長は神事にお金を惜しまないのかもしれません。

あなたが2019年の初詣でお願いすることをお答えください。
(複数回答 n=69 ※2019年に初詣をする予定のある方)

1商売繁昌 72.5%
2家内安全 59.4%
3健康 58.0%
4家族のこと 34.8%
5金運 33.3%
6交通安全 27.5%
7社員のこと 17.4%
8事業拡大 15.9%
9厄除け 14.5%
10開運 13.0%

2019年の初詣の願い事をお聞きしました。「商売繁盛」72.5%が1位で、社長ならではの結果となりました。2位は「家内安全」59.4%と、家庭や家族を大切に思う社長も多いことがわかります。3位は「健康」58.0%。会社の発展も家族の幸せも社長自身が健康であってこそ。初詣の願いが叶ってほしいものです。

あなたが、仕事/プライベートを問わず、2019年に実現したい目標や叶えたい願いをお答えください。(自由回答 n=100)

  • 事業拡大。(55歳男性/大阪府)
  • 海外事業展開。(41歳男性/東京都)
  • 安定した収益をあげること。(44歳男性/兵庫県)
  • 社員の増員。(50歳男性/愛知県)
  • 黒字決算。(55歳男性/富山県)
  • ゴルフのスコア平均90。(56歳男性/神奈川県)
  • 映画のコラムを書く。 田舎に引っ越す。(39歳女性/東京都)
  • 別荘を買う(42歳男性/岡山県)
  • のんびり温泉に行きたい。(50歳男性/東京都)
  • アマチュア無線のタワーを建設する。(58歳男性/秋田県)
  • アメリカの気球大会に参加する。体重を75kg未満にする。(56歳男性/北海道)

仕事、プライベートを問わず、2019年に実現したい目標や叶えたい願いをお聞きしました。事業拡大、黒字決算など仕事に関する目標が多い中、趣味に関して挑戦したいことや別荘を買うなど、仕事だけではなく人生を楽しんでいる社長の姿が垣間見える回答が挙げられました。

あなたの2019年の決意(テーマ)を表す漢字一文字をお答えください。(自由回答 n=100)

1 6票
2 5票
3 4票
3 4票

「上」の回答理由

  • 今よりもっと上昇。(57歳男性/東京都)

「安」の回答理由

  • 安全、安定、安らかという意味です。(44歳男性/兵庫県)

「楽」の回答理由

  • 楽しいことが多いように。(59歳男性/北海道)

「進」の回答理由

  • 前進あるのみ。(50歳男性/愛媛県)

2019年の決意(テーマ)を漢字一文字で答えていただきました。最も回答の多い字は「上」。今より上を目指す、上昇、という決意を表す、なんとも社長らしい一文字です。次いで、安全、安定、安らかの願いがこめられた「安」。経営する上で大きな波がなく安定していることは周囲の人々の安心にもつながるでしょう。

あなたが2019年に目指したい社長像をお答えください。(複数回答 n=100)

1決断力のある社長 41.0%
2人から慕われる社長 34.0%
3器の大きい社長 33.0%
4器の大きい社長 32.0%
5求心力のある社長 21.0%

2019年に目指したい社長像をお聞きしました。1位「決断力のある社長」41.0%、2位「人から慕われる社長」34.0%、3位「器の大きい社長」33.0%という結果となりました。決断力があり、人から慕われ、器の大きい社長は、社長として憧れる姿なのかもしれません。

考察

新たな年を迎えるにあたり、忘年会・新年会をはじめ、社長の「年末年始」について調査しました。
調査では2018年に参加した忘年会の平均回数は「2.27回」、忘年会で使った総額は平均「6.11万円」となりました。仕事が忙しいのか、忘年会に「参加しない」方も3割ほどいる中、忘年会に参加した社長の中で最も多くの金額を使った方は「100万円」との回答がありました。
今回の調査とは別に社長チップスに参加している社長たちに聞くと、交友関係が広く、多くの忘年会に参加されていた社長ばかりでしたが、中でも忘年会ではアニメのパロディー演劇で盛り上がった企業、忘年会・新年会を兼ねて社員旅行に出かける企業もありました。日頃精一杯仕事に取り組む一方で、忘年会や新年会など親睦を深められる機会を大切にし、予算をかけてでも凝った企画で楽しむ素敵な人柄の社長が印象的です。
また、新年会や忘年会などの際、頑張った社員を表彰する機会を設けたり、そのような全社を挙げた親睦の機会を一つの区切りと捉え、会社の未来図やビジョンを共有するという社長もいらっしゃいました。
新たな年にあたり、上場準備やビジネスのステージを上げる目標をたて、事業拡大に向けて夢を大きく描く社長が多く、社長にとって「期首」と同様、「新年」も重要な区切りであることがうかがえます。

新年の決意に関する調査結果では、2019年に初詣をする社長は、会社の社員と一緒に参拝する方が27.0%、プライベートで参拝する方は67.0%。初詣での願い事1位はやはり「商売繁盛」となりました。
また、2019年に実現したい目標や叶えたい願いを聞くと、事業に関することのほか、趣味やプライベートで挑戦したいこととしてユニークな回答が挙げられました。「別荘を買う」「アメリカの気球大会に参加する」「アマチュア無線のタワーを建設する」など、プライベートでもなんとも社長らしい、スケールの大きな目標を持っている方がいらっしゃいました。

今年の決意を表す漢字1位は「上」。2019年もさらに上を目指すという決意なのでしょう。

2019年、社長チップスも新たな取り組みを行います。
4月10日(CEO)の日に、社長チップスが世界的な経済誌とコラボレーションし、全国No.1社長を決めるアワード開催を予定しています。そのような大会でNo.1に輝く社長は、きっと事業に対してもイベントに対してもオンとオフを大切にし、その時々に意味を見出せる社長だと思います。
4月のアワードでは、個性的で魅力にあふれ、今後ますます活躍される社長が勢揃いするでしょう。まもなくイベント内容もリリースしますので楽しみにしていただければ幸いです。

各種お問い合わせ