トップ > 社長記事一覧 > 綾部 哲嗣

ニッポンの底力 社長チップス

愛しているから大切にしたい

埼玉県代表

株式会社アヤベ洋菓子

代表取締役社長

綾部 哲嗣(44)

生年月日1973年9月2日
出身地東京都
出身校日本大学
会社設立1968年8月
社長就任2015年9月
資本金10,000,000円
従業員数330名
事業内容洋菓子製造業
自社の強みOEMに特化していること。さまざまなお客さまの要望に対して、自社での対応が可能。商品開発力。
尊敬する人孫正義
おすすめ本『7つの習慣』
パワー飯自家製タコス
底力の源ハードルの高いビジネスを始めるとき。チャレンジ精神。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    9
  • 体力

    10
  • 統率力

    10
  • 人望

    8
  • 9
  • 行動力

    9
  • プレゼンテーション力

    10
  • コミュニケーション力

    8
  • 継続力

    8
  • 精神力

    9
  • 忍耐力

    10
  • 見た目・容姿

    10
  • 実行力

    9
  • 仲間からの愛され力

    8
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    9
  • スピード

    10
  • ユーモア

    10
  • サービス精神

    8
  • 包容力

    9
  • 駆け引き力

    9
  • 謙虚さ

    8
  • 愚直さ

    8
  • 気づかい力

    9
  • 直感力

    10
  • 器用さ

    7
  • まめさ

    8
  • 処世術

    8
  • 信念

    9
  • カリスマ性

    9
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    会長が夢を持って上京した際、会長のお兄さんは“おこし”をしていたため、洋菓子を選んだ。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    多岐にわたるお客さまのニーズに対する再現性が高い。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    永続性。お客さまや従業員が活躍できる環境や社会貢献を可能にするためには、永続性が大切。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    常にユーモアを大切に。大きな声で仕事をやり抜く。笑顔。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    社長に就任してにすぐ、大切なお客さま3社の仕事で立て続けに事故が起こった。「自分に今が乗り越えられるのか?」と問われている気がして、改めて自社の品質を考え、従業員と向き合えた。また、その事故のおかげで、社員に対し想いを伝えられるチャンスをもらったと感じている。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    会社を愛してる。愛しているから大切にしたい。会社は自分でも建物でもなく、今勤めている従業員全てが会社であると思っている。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    さらに再現性を高めるため、5年以内に工場を集約したい。自分たちの想いを直接お客さまに届けたい。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    妻に対して感謝の気持ちが大きい。ついてきてくれて、常に体を気遣ってくれる。娘は成長のプロセスを楽しませてくれる。人に頼られ、人の役に立つ人間になってほしい。
  • 仲間へ

    自分の想いについてきてほしい。本当にいつもありがとう。
  • 未来の仲間へ

    成長していくことが、人として大切なこと。この考えが根本にあるので、喜怒哀楽を感じられる場であり、人間らしい場を提供できる。そういう感性を持ってる人たちや、アヤベ洋菓子という会社を自ら選んで入社してくれる人たちと働きたい。

COMPANY

会社情報

社名株式会社アヤベ洋菓子
本社〒334-0061
埼玉県川口市新堀1071-2
設立1968年8月
資本金10,000,000円
事業内容洋菓子製造業
社員数330名
採用募集新卒採用 中途採用
HPhttp://www.ayabe-yougashi.co.jp/

担当者コメント 取材を終えて

たくさんの方々に「おいしい」を伝えるため、日々「おいしい」を追求し、開発をされている綾部社長。笑顔がとてもすてきで、頼りがいのある、兄貴的存在です。ものづくりの先輩として、とても尊敬しています。