トップ > 社長記事一覧 > 横山 藤雄

ニッポンの底力 社長チップス

企業は人なり――RYの流儀

東京都代表

株式会社RYコーポレーション

代表取締役CEO

横山 藤雄(42)

生年月日1975年2月28日
出身地茨城県
出身校茨城県立麻生高等学校
会社設立2006年12月
社長就任2006年12月
資本金30,000,000円
従業員数700名
事業内容飲食店経営、飲食店プロデュース、小売販売業
自社の強み商品力と人間力。
尊敬する人株式会社サンアイ・鈴木忠夫会長、両親
おすすめ本『生き方』
パワー飯寿司、うなぎ、焼肉
底力の源家族、社員。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    5
  • 体力

    6
  • 統率力

    7
  • 人望

    8
  • 8
  • 行動力

    8
  • プレゼンテーション力

    5
  • コミュニケーション力

    6
  • 継続力

    8
  • 精神力

    8
  • 忍耐力

    8
  • 見た目・容姿

    7
  • 実行力

    8
  • 仲間からの愛され力

    8
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    0
  • スピード

    7
  • ユーモア

    6
  • サービス精神

    10
  • 包容力

    7
  • 駆け引き力

    6
  • 謙虚さ

    8
  • 愚直さ

    7
  • 気づかい力

    8
  • 直感力

    8
  • 器用さ

    6
  • まめさ

    7
  • 処世術

    6
  • 信念

    10
  • カリスマ性

    8
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    高校卒業後、年商10億円規模の精肉店や飲食店を営む株式会社サンアイに入社。20歳で店長を任される。2000年に、年商80億円規模の精肉店やスーパーを営む株式会社天池に入社。同社が始めた飲食店企業の責任者を務める。2006年、会社が飲食店事業からの撤退を決めたのを機に、事業を引き継ぐ形で独立し、株式会社RYコーポレーションを設立。代表取締役に就任。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    圧倒的な「商品力」と「開発力」。素材にこだわり、手間暇かけたコストパフォーマンスの高い料理を提供することに徹底。そのために、自社農園を構えることで物流コストを抑え、より安心・安全なものをお客さまに提供。また、「お肉」もウリ。茨城県行方市の実家が精肉店卸問屋を経営しており、そのつながりで、希少価値が高く、高品質なものを仕入れられ、最高の状態でお客さまに訴求できている。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    「企業は人なり」。とにかく、働く「人」を最優先に考えた経営を行っている。最も成長できる環境、やりがいや達成感が得られ、常に学べる環境づくりに徹し、その結果が対価となって反映されるような、完全実力主義の給与設定を設けている。そのため、社員には徹底的に新たな環境や可能性に挑戦させ、決裁権も積極的に与えている。全ては引き寄せで、常日頃の言動・行動が未来に直結している。この考え方のもと、ご縁や一期一会を何より大切にしている。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    相手への感情移入……と、資金繰り(笑)。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    初の自社開発業態〈GABURI SHARE 六本木店〉がトラブルの連続により閉店を余儀なくされた。売上も好調で、今後の展望の光となるお店だっただけに、くやしく、やりきれない想いが募った。そんなとき、現在〈LA COCORICO 上野本店〉を構える上野のホテル物件から声がかかる。六本木店のくやしさをバネに、「地域で最も輝くレストランをつくろう!」と業態とメニュー開発、全てを社内の力だけでつくり上げることに挑戦。そんな全力疾走をしていた中、オープン3日前に起きた東日本大震災。一時はオープン延期も考えたが、日本中が悲しみに包まれている今だからこそ、私たちにしかできない方法で日本を元気にしたい! そんな想いのもと、〈LA COCORICO〉が産声をあげた。思い返すと、この業態があったから出会えた社員、取引先さま、関わる重要な方がたくさんいる。今のRYにとって旗艦となるお店です。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    「店づくりは街づくり」。その街にとって、そこで働くスタッフにとって、「このお店があって良かった」と心から思っていただけるような、関わる人々にとって本当に価値ある場所を一つでも多くつくりたい。一度しかない人生、自分にとってできる最大限のカタチで、RYを通して社会貢献をしていきたい。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    ・アジア、ヨーロッパ、アメリカをはじめ、国内外に価値あるお店を創造していく。
    ・ウェディング事業、小売事業の本格始動。
    ・行政と共に、地方活性化に向けた新たな取り組みを数多く行うことでの地域貢献。
    ・各種スポーツ団体とのコラボ企画・活動を通し、「スポーツ×食」のつながりを強める。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    いつもありがとう。これからもよろしく!
  • 仲間へ

    いつもありがとう。これからも切磋琢磨し、頑張ろう。一度しかない人生、充実した素晴らしい未来を一緒に描き、創造していこう!
  • 未来の仲間へ

COMPANY

会社情報

社名株式会社RYコーポレーション
本社〒108-0074
東京都港区高輪4-10-63 エミナンス高輪5F
設立2006年12月
資本金30,000,000円
事業内容飲食店経営、飲食店プロデュース、小売販売業
社員数700名
HPhttp://www.ry-corporation.com/

担当者コメント 取材を終えて

通常は、「社員が主役」というお考えで、あまりメディアに露出されていない横山社長。今回は、「自社の店舗のPRをすることで、少しでも現場で頑張るスタッフの力になるなら!」ということで、取材をさせていただきました。店舗のアルバイトスタッフの方まで徹底して浸透されている、「企業理念」。横山社長の熱い想いをぜひ多くの皆さんに知っていただきたいです。