トップ > 社長記事一覧 > 薮崎 真哉

ニッポンの底力 社長チップス

元Jリーガーの社長論

東京都代表

株式会社ジールホールディングス

代表取締役

薮崎 真哉(39)

生年月日1978年6月1日
出身地千葉県
出身校習志野高等学校
会社設立2008年10月
社長就任2008年10月
資本金115,000,000円
従業員数120名(2017年4月現在 グループ全体)
事業内容Webリスクコンサルティング事業 、体育会系学生採用コンサルティング事業など
自社の強み前向きで向上心の高い社員。
尊敬する人自分に正直な人
おすすめ本『土漠の花』
パワー飯ほぼ毎日の会食
底力の源人生一度きり。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    5
  • 体力

    8
  • 統率力

    8
  • 人望

    8
  • 8
  • 行動力

    10
  • プレゼンテーション力

    8
  • コミュニケーション力

    6
  • 継続力

    6
  • 精神力

    10
  • 忍耐力

    8
  • 見た目・容姿

    5
  • 実行力

    10
  • 仲間からの愛され力

    5
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    3
  • スピード

    7
  • ユーモア

    5
  • サービス精神

    5
  • 包容力

    7
  • 駆け引き力

    3
  • 謙虚さ

    8
  • 愚直さ

    10
  • 気づかい力

    5
  • 直感力

    5
  • 器用さ

    5
  • まめさ

    5
  • 処世術

    0
  • 信念

    10
  • カリスマ性

    8
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    私は、子どもの頃からプロサッカー選手になることが夢でした。高校卒業後、夢がかない、1997年にJリーグ・柏レイソルに入団。しかし、“プロサッカー選手になることがゴール”になってしまっていた私は、プロサッカー選手になった後、サッカーと真剣に向き合うことができませんでした。そして6シーズン目……戦力外通告を受けます。このとき、サッカー界での自分の負けを認め、サッカーを辞めることを決意し、ビジネスの世界で高みを目指すと決めました。その後、営業職に転身。トップセールスを経て、起業しました。2008年にWebリスクコンサルティング事業を手掛ける株式会社ジールコミュニケーションズを設立。2013年には体育会系学生の採用コンサルティング事業を手掛ける株式会社ジールアスリートエージェンシーを設立し、その翌年の2014年には、2社の中核となる株式会社ジールホールディングスを設立。3社の代表取締役を務めています。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    【企業理念】
    「仕事が楽しいと人生が楽しい」

    【クレド】
    「かけがえのない今日」
    「今やらないで、いつやるの」
    「行動者がカッコイイ」
    「足を止めず常に前へ」
    「努力なくして、成功なし」
    「やるからには、本気で取り組む」
    「速さに価値がある」
    「チームジールコミュニケーションズ」

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    地に足を着けることです。プロサッカー選手時代から、調子に乗ったり浮かれたりすることで足元をすくわれることが多く、いろいろな挫折を味わってきました。その経験があるからこそ、今は“謙虚さ”と“おごらないこと”を忘れずに、常に自分を律し、自分自身と向き合うことを大切にしています。
    また、本質を見抜くために、なるべく物事を客観的に判断することを心掛けています。主観的になると、ゴールは一つなのにいろいろな外的要因によって迷いが生じ、事業のそもそもの目的がぶれてしまう可能性がある。それを防ぐためにも、客観的な思考を持ちつつ軸をしっかりと持つことが大事だと考えています。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    自分で定めた目標に向かって努力すること。努力して目標を達成して、また次の目標へ……と、自分自身に課題を設けて突き進むスタイルは、プロサッカー選手時代から変わりません。経営者となった今も、常に自分自身との戦いだと思って仕事に取り組んでいます。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    今年5月、私がプロサッカー選手時代に所属していたJリーグ「柏レイソル」とユニフォームスポンサー契約を締結させていただきました。サッカーと真剣に向き合えなかった、プロサッカー選手時代の6年間。チームの勝利に貢献できなかった当時のことを思い返すと、今でも自己嫌悪に陥ります。今回の件であのときの後悔に折り合いをつける気はありませんが、スポンサーとして柏レイソルに貢献したいと以前から思っていました。お世話になったチームに微力ながら貢献できることを、大変うれしく思っています。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    仕事は、私にとって人生そのものであり、私自身を表すものだと考えています。プロサッカー選手時代は、それがプレーでした。今は仕事で出した結果こそが私に対する評価であり、私の全てであるので、経営をし続けることが当たり前だと思っています。経営者になりたいと思ったのは、自分のやりたいことを全うしたいからです。その代わりに、全責任を負う覚悟が私にはありますし、仕事が生きがいでもあるので、経営を続けています。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    しっかりと地に足を着けて、常に成長し続けること。既存事業を成長させることはもちろん、今後の軸となる事業を1つでも2つでも増やしていくことが目標です。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    いつも自由にさせてくれてありがとう! パパ、頑張るよ!
  • 仲間へ

    みんながいてくれてこそのジール。いつも、ありがとう!
  • 未来の仲間へ

    仕事が楽しいと人生が楽しい。

COMPANY

会社情報

社名株式会社ジールホールディングス
本社〒150-0011
東京都渋谷区東2-16-10 ヤナセ渋谷ビル4F/5F
設立2008年10月
資本金115,000,000円
事業内容Webリスクコンサルティング事業 、体育会系学生採用コンサルティング事業など
社員数120名(2017年4月現在 グループ全体)
採用募集新卒採用 中途採用
HPhttp://www.zeal-c.jp/

担当者コメント 取材を終えて

ビシッと決まったスーツに、サッカーボールを持っていただくと、「ちょっと、おかしいかな?」とはにかんだ元Jリーガーの薮崎社長。撮影した写真を見返しても、サッカーボールが似合う“元Jリーガー”の姿よりも、上質でシックなスーツを着こなす“経営者”の姿がかっこよく写っていました。“元Jリーガー・薮崎選手”ではなく、“薮崎社長”にスポットをあてたこの取材でわかったことは、「努力が人生を変える」ということ。挫折を乗り越え、クレドの一つでもある「努力なくして成功なし」を体現し続ける薮崎社長の姿に、「努力は人を裏切らない」ことを教わりました。