トップ > 社長記事一覧 > 井口 智裕

ニッポンの底力 社長チップス

宿は地域のショールーム

新潟県代表

株式会社いせん

代表取締役

井口 智裕(44)

生年月日1973年7月6日
出身地新潟県
出身校Eastern Washington University
会社設立1953年12月
社長就任2005年8月
資本金10,000,000円
従業員数30名
事業内容旅館業、飲食業、物販業、旅行業、コンサルティング業
自社の強み地域と共に歩む旅館経営を具現化している独自のHATAGOビジネスモデル。
尊敬する人松下幸之助
おすすめ本『道をひらく』
パワー飯魚沼産コシヒカリ
底力の源次の世代の子どもたちが誇りを持って地域に戻ってくること。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    8
  • 体力

    8
  • 統率力

    7
  • 人望

    6
  • 8
  • 行動力

    7
  • プレゼンテーション力

    10
  • コミュニケーション力

    9
  • 継続力

    7
  • 精神力

    7
  • 忍耐力

    6
  • 見た目・容姿

    4
  • 実行力

    8
  • 仲間からの愛され力

    7
  • 仲間を愛する心

    7
  • 女子力

    3
  • スピード

    7
  • ユーモア

    7
  • サービス精神

    9
  • 包容力

    7
  • 駆け引き力

    6
  • 謙虚さ

    5
  • 愚直さ

    4
  • 気づかい力

    7
  • 直感力

    8
  • 器用さ

    3
  • まめさ

    3
  • 処世術

    5
  • 信念

    10
  • カリスマ性

    7
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    越後湯沢で代々旅館を経営してきました。私で4代目の経営者となりますが、温泉場からスキーリゾート、そしてバブル崩壊と常に日本の高度成長期と共に歩んできた当温泉地の中で、宿屋として原点に立ち返り、時代に左右されない旅館のビジネスモデルと考えたのが、〈HATAGO井仙〉設立のきっかけです。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    旅館業の「不」を解消しようと思ったのが、HATAGOの始まりです。宿屋として、これからのお客さまにとって必要なコトとモノを充実させ、不必要な部分を削ることを常に考えているので、〈HATAGO井仙〉は今までの旅館にありそうでなかった新サービスを展開しています。また、「宿は地域のショールーム」であるべきと考えています。お客さまに旅を楽しんでいただくためには、宿だけでなく、地域の魅力を感じていただくことが重要と考え、越後湯沢と周辺市町村に宿泊事業だけでなく、飲食や物販、旅行事業などを展開しています。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    当社の企業理念である「旅籠三輪書」です。それはお客さまが心から満足し、社員が生きがいを持って働ける職場を築き、関わる人と地域が発展すること。そして、その3つの輪が和を保ちながら互いに発展を続けていくことを経営の中心として、考えています。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    ・世の中の「不」から新たな事業領域をつくり上げること。
    ・ヒトとヒトをつなげて、事業化の道筋をつくること。
    ・地域を巻き込みながら、事業を推進させること。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    8年間の構想の末にオープンさせた〈HATAGO井仙〉でしたが、開業日翌日、準備不足がたたり、翌朝全てのお客さまへ謝罪をして回ったことを覚えています。その後も状況はなかなか好転せず、2週間で体重が10キロほど落ちました。オープンするまでは、「自分は何でもできる」と過信していましたが、実際に事業を始めてみると、事業のことなど全くできていなかったと痛感する毎日でした。
    その後、さまざまな人たちからアドバイスをいただき、自分自身も今までできていなかったマネジメントについて勉強するようになり、業績は徐々に改善してきました。あのときの苦労が、経営者としての覚悟を決めた大きな転機だったと思います。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    多くの人たちの苦労と知恵が詰まっている地方こそが、日本の宝だと思っています。そんな地域の魅力を多くの人たちに伝え、次の世代の人たちも地域に魅力を感じて事業を続けてもらいたいという想いで、経営をしています。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    まずは、自分が中心的に関わっている雪国観光圏(新潟、長野、群馬の3県7市町村が関わる広域連携)の地域の地位を、日本のブランド観光地域として確立させること。そして、〈HATAGO井仙〉が雪国観光圏と一緒に関わってきたモデルを全国に展開していくことで、日本のさまざまな地域が持続的に発展できるような魅力を持てるよう、支援していきたいと考えています。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    一緒にいるだけで癒やされますし(笑)、夢と希望を持たせてくれる一番の存在です。
  • 仲間へ

    自分のできていないことをさり気なくフォローしてくれる社員たちには、いつも感謝しています。私自身、家族や社員に対して「感謝」を表現するのがあまり得意ではないので、いつもそれができない自分自信にフラストレーション(欲求不満)を感じるくらい、感謝しています。
  • 未来の仲間へ

    地域活性化と観光は、まだまだ研究をするべきことがたくさんあります。その中核プレイヤーとしての旅館は、これから大きくビジネスモデルが変化する業態だと思っています。そんな時代の変わり目を一緒に切り開いてくれる同志をわが社にどんどん迎え入れたいと思っています。

COMPANY

会社情報

社名株式会社いせん
本社〒949-6101
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2455
設立1953年12月
資本金10,000,000円
事業内容旅館業、飲食業、物販業、旅行業、コンサルティング業
社員数30名
採用募集新卒採用 中途採用
HPhttp://isen.co.jp/company.html

担当者コメント 取材を終えて

時代のニーズに合わせた旅館づくりを軸に、さまざまな事業展開をしている井口社長。「旅館を地域のショールームとして捉え、地域のブランド価値を高めたい」という想いから、旅館でお出しする料理の食材を、地域から仕入れたものでご提供することにこだわりを感じます。その旅館〈HATAGO井仙〉の法被を着た井口社長の姿からは、「旅館という枠にとらわれず、地域と共に発展していく」という覚悟が伝わってきました。