ニッポンの底力 社長チップス

誠実尽くして求めず

石川県代表

株式会社石川ミリオンスターズ

代表取締役

端保 聡(50)

生年月日1966年10月4日
出身地石川県
出身校金沢経済大学(現・星稜大学)
会社設立2006年10月
社長就任2006年10月
資本金92,000,000円
従業員数4名
事業内容プロ野球の興行、他
自社の強み地元に根付きつつも、グローバルなコネクションを持っていること。
尊敬する人矢沢永吉
おすすめ本『成りあがり―矢沢永吉激論集』
パワー飯イカの石焼き
底力の源県民の声援。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    5
  • 体力

    10
  • 統率力

    5
  • 人望

    10
  • 10
  • 行動力

    10
  • プレゼンテーション力

    6
  • コミュニケーション力

    8
  • 継続力

    10
  • 精神力

    10
  • 忍耐力

    10
  • 見た目・容姿

    1
  • 実行力

    8
  • 仲間からの愛され力

    6
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    0
  • スピード

    8
  • ユーモア

    8
  • サービス精神

    8
  • 包容力

    5
  • 駆け引き力

    7
  • 謙虚さ

    7
  • 愚直さ

    7
  • 気づかい力

    9
  • 直感力

    10
  • 器用さ

    2
  • まめさ

    5
  • 処世術

    1
  • 信念

    7
  • カリスマ性

    1
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    スポーツ界の活性化、青少年育成に貢献していきたいという想いから、39歳のときに資金集めをして会社を設立。プロ野球独立リーグに所属する石川ミリオンスターズを運営し、地元の石川県民に根付くチームとして今年で10年目を迎えました。
    プロ野球のテレビ中継が減っていく中、私たちの活動を通し、地元の少年たちに今後も野球の魅力を伝えていきます。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    いろいろな若手を受け入れることができる柔軟性と、それぞれの特徴に合わせた育成力があることです。また、石川県で唯一のプロ野球チームなので、地元の少年たちに夢を与える存在であり続けるためにも、より良いチームづくりを模索し続け、柔軟な考えを持って環境の変化にも対応しています。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    「誠実尽くして求めず」という理念を大事にしています。私は頭が良い方ではないので、周りの方々に支えられている中で、真面目に一生懸命走り回ることしかできません。私は、中学・高校・大学を星稜で過ごし、星稜の建学の精神でもある「誠実」の心を持って育ったので、その気持ちを今も大事にしています。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    いろいろな方々と交流して、コネクションをつくること。「誠実」に接して嘘をつかないことが私のモットーなので、周りの方の信用を得ることが得意です。また、自分の性格が変わっているので、ありがたいことに気に入っていただけることも多く、グローバルなつながりを持てています。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    チームが初めて公式戦でサヨナラ勝ちをした際、地元サポーターの方々が涙を流しながら「ありがとう」と言ってくれました。球団を創設する際、資金集めなどでいろいろ大変なこともありましたが、この球団をつくって良かったと心から思いました。また、渡米してアメリカのアマチュアチーム関係者の方々を紹介してもらったとき、「プロスポーツ球団に携われるのはすごいことだ!」と皆さんから言われ、自分は本当に幸せ者だと改めて実感しました。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    「球団を絶対になくしてはいけない」という強い想いがあるからです。地元石川県を代表して、日本の野球シーンの活性化にこれからも尽力していきたい。そのためには、継続することが一番大事だと思っています。今年で10年目を迎えますが、1年目の球団と10年目の球団では“重み”が違います。続けていくことでチームの価値が変わっていくと思うので、これからも経営を続けていきます。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    日本人2名・外国人2名を毎年NPB(日本プロ野球)に排出し続けることです。選手を育ててNPBに送り出すことこそ、球団の使命だと思っています。そして、NPBへ行った選手たちがシーズンオフで石川県に帰ってきたときに、「ありがとう」と言わせ続けられる球団であり続けたいです。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    ほぼ毎日仕事のことを考え、休みも突発的だから家族サービスがあまりできず、ごめんなさい。家族の支えがあるからこそ、仕事を自由にやらせてもらっていると日々感じています。本当にありがとう。
  • 仲間へ

    好き勝手言う社長でごめんなさい。みんなのおかげで、ここまで続けてこれました。みんなで新たな世界をつくっていきましょう!
  • 未来の仲間へ

    「バカが世の中を変える」と本気で思っています。「バカになれる奴」を待っています!

COMPANY

会社情報

社名株式会社石川ミリオンスターズ
本社〒921-8051
石川県金沢市黒田1丁目266番地
設立2006年10月
資本金92,000,000円
事業内容プロ野球の興行、他
社員数4名
HPhttp://www.m-stars.jp/

担当者コメント 取材を終えて

365日、球団のことを考えているという端保社長。球団に対する愛と、野球界の活性化に貢献したいという熱意が取材で伝わりました。今後も石川県民の星、石川ミリオンスターズから目が離せません!