トップ > 社長記事一覧 > 小川 富士夫

全国に届け! 阿蘇の恵

熊本県代表

丸富産業株式会社

代表取締役

小川 富士夫(54)

生年月日1963年4月24日
出身地長崎県
出身校青山学院大学(中退)
会社設立1982年7月
社長就任2003年10月
資本金70,000,000円
従業員数20名
事業内容ミネラルウォーターの製造・販売
自社の強み多品種、小ロット対応。
尊敬する人おやじ
おすすめ本『海賊とよばれた男』
パワー飯カツ丼とざるそばのセット
底力の源家族と社員の存在。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    7
  • 体力

    7
  • 統率力

    6
  • 人望

    6
  • 10
  • 行動力

    7
  • プレゼンテーション力

    6
  • コミュニケーション力

    6
  • 継続力

    6
  • 精神力

    7
  • 忍耐力

    9
  • 見た目・容姿

    5
  • 実行力

    7
  • 仲間からの愛され力

    5
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    3
  • スピード

    7
  • ユーモア

    8
  • サービス精神

    10
  • 包容力

    7
  • 駆け引き力

    5
  • 謙虚さ

    7
  • 愚直さ

    8
  • 気づかい力

    9
  • 直感力

    10
  • 器用さ

    7
  • まめさ

    7
  • 処世術

    7
  • 信念

    10
  • カリスマ性

    5
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    1982年に、親会社へ車両用品や部品を販売する会社として設立されたが、1988年(平成元年)、現在の御船町に移転したところ、敷地内に古井戸があったことをきっかけに、現在のミネラルウォーターの製造を開始した。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    安心・安全な阿蘇の恵である水を全国にお届けすること。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    どのような困難に直面しようとも、社員と家族と取引先を守ること。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    創意工夫と資金繰り。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    親会社の倒産により連鎖倒産の危機に直面したが、社員、家族は何も言わずに見守ってくれた。長い間、昇給も賞与もなかったのに、人員削減や給与カットにも協力してくれたことを、絶対に忘れない。親会社の所有で競売にかかった不動産も関係各所の皆さまのご協力のおかげで、買い戻すことができた。さらに、熊本地震で被災したわが社を支援しようと、たくさんのお見舞いや激励のお言葉もいただいた。すでに契約が切れたお客さまから、再注文をいただいたことも。ただただ、感謝の言葉しかない。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    ・社員とその家族のため。
    ・自分とその家族のため。
    ・お客さまと期待してくれている周囲の方々のため。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    宣伝水事業のさらなる拡大と海外進出。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    いつも、支えてくれてありがとう! いつも、笑顔をありがとう! いつも、笑わせてくれてありがとう! 最近、帰りが遅くてごめんね。
  • 仲間へ

    倒産の危機に直面したときも、今回の震災被害の中でも、文句一つ言わずに頑張ってくれてありがとうございます。心より感謝しています。
  • 未来の仲間へ

    共に、夢を実現しよう。そして、全員が幸せになろう!

COMPANY

会社情報

社名丸富産業株式会社
本社〒861-3203
熊本県上益城郡御船町高木922
設立1982年7月
資本金70,000,000円
事業内容ミネラルウォーターの製造・販売
社員数20名
採用募集新卒採用 中途採用
HPhttp://www.meisui.net/

担当者コメント 取材を終えて

倒産の危機や熊本地震といったピンチを、その都度、お客さま、社員の皆さん、ご家族、地元の方々といったご自身以外の協力者のお力に助けられながら乗り越えられた、小川社長。「困難を迎えたときに、どれだけの人が助けてくれるかでその人の人間力がわかる」。そんな話を聞いたことがありますが、助けられた感謝を決して忘れない小川社長の人間力や人徳は、とてつもなく、大きいものだと感じます。これからも、阿蘇のおいしい水を全国に届け続けてください!