トップ > 社長記事一覧 > 濱元 秀俊

宮崎に、尽くす

宮崎県代表

株式会社文宣

代表取締役

濱元 秀俊(39)

生年月日1978年8月31日
出身地宮崎県
出身校鵬翔高等学校
会社設立1949年3月
社長就任2016年4月
資本金10,000,000円
従業員数11名
事業内容総合広告会社
自社の強み政治力。
尊敬する人米良充典(米良電機産業㈱代表取締役社長)
おすすめ本『無尽灯』(宮崎交通㈱創業者のエッセイ集)
パワー飯地元宮崎の食材
底力の源ご恩をいただいた方々へ報いる心。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    5
  • 体力

    5
  • 統率力

    7
  • 人望

    5
  • 10
  • 行動力

    7
  • プレゼンテーション力

    7
  • コミュニケーション力

    7
  • 継続力

    7
  • 精神力

    7
  • 忍耐力

    10
  • 見た目・容姿

    2
  • 実行力

    7
  • 仲間からの愛され力

    5
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    10
  • スピード

    7
  • ユーモア

    7
  • サービス精神

    10
  • 包容力

    5
  • 駆け引き力

    7
  • 謙虚さ

    3
  • 愚直さ

    3
  • 気づかい力

    3
  • 直感力

    7
  • 器用さ

    5
  • まめさ

    7
  • 処世術

    7
  • 信念

    7
  • カリスマ性

    5
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    戦後まもない混とんとした時期に、当時地元で隆盛を極め、全国でも先駆け的なバス事業を展開していた宮崎交通㈱の創業者より、「これからは広告の時代が来る」との助言を受け、事業家であり地元の有力な政治家であった弊社創業者が、バス広告を主力媒体とした宮崎県初の総合広告代理店を設立。広告の草創期(媒体は銭湯広告、ネオン広告、電柱広告など)より、事業を開始いたしました。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    「お客さまの繁栄があって、はじめて、手前どもは儲けさせていただける」。このことを社員一同が肝に銘じて、とことんお客さまに尽くさせていただく。さらに、弊社の持つ経験、人脈、ネットワークなど、全てを総動員してお客さまの儲けのために尽くさせていただく。そこで初めてお客さまとの信頼関係が構築され、さらなるお客さまの繁栄のために弊社が考えるプランをご提案させていただく。
    広告の基本は、お客さまの商品、サービスをPRさせていただくこと。広告屋が広告だけの提案で終わるのではなく、お客さまの繁栄のためにお客さまの立場に立った思考を持ち続け、お客さまの繁栄のために自分たちは何ができるのか、何をなすべきなのかを考え、実行し、お客さまに儲けていただく。弊社はその狭間で商わせていただく。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    社員の皆さんのポテンシャルが無限大に引き出されるよう、社内環境、労使関係、仕事へのモチベーション、プライベート問題の解決などといったテーマに対し、経営者自らが積極的にコミュニケーションを図り、生きがいとやりがいを感じていただけるよう、努力すること。「花咲く家族」という言葉を創業者はよく口にしていたそうです。社員もその家族も全ては自分の家族。その全ての家族に笑顔が訪れるように、経営者は社員の物心両面の繁栄を期さなければならない――。その決意を示す言葉だったのではないかと考えます。経営を受け継いだ私も、社員への感謝と決して不幸にはしないという気概を持って経営に当たりたいと思います。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    小さな出来事をきっかけにして、商談に結び付けていくこと。本業とは直接関係のない話でも、何か商機の緒を掴み出し、お得さまへのマッチングなどに変えながら、収益案件に変えていくこと。その他には、「知り会いたい」と思った人には必ず何らかのルートを見つけ出し出会うこと。長いお付き合いをしたいと思った人には、とことん胸襟を開いてアプローチすること。転んでも、必ず小銭を掴んで起き上がります。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    就任間もないのですが、「“流れ”というものはあるんだな」と日々感じています。縁遠くなっていた方と事業の相談をしたいなと思っていたところ、急に先方からご連絡をいただく……なんてことが就任以来いくつかあって、びっくりしました。また、新規事業でこの方に会いたいなと思っていると会合や知人の紹介で会う……ということがあり、ただただ感謝でしかないです。これら以外だと、求人を出した際に、最後の最後にドンピシャの人材が現れるなど。社長就任を期に、大きな何かに守られているなぁと強く感じる毎日です。人知れないエピソードは、人知れないままで。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    弊社は、地元では老舗といわれる会社で、長らく、地元の企業さん、行政機関、地元の方々にお世話になり、ときには助けていただきながら育ててもらいました。弊社の役目は、地元宮崎の発展に貢献すること。それは、雇用であり、納税であり。しかし一番は、地元企業のさらなる繁栄のために、弊社が努力し多くのお客さまが儲かっていただけるスキルを身に付けることだと思います。そのために、ただ続けるのではなく、発展的に経営を続けてまいりたいと思います

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    宮崎では弊社を「老舗の広告代理店」との枕詞で称していただいています。同時に、これまで長年お取り引きをさせていただいてきた多くの企業さまのご厚意に安住してきたことも、また事実です。老舗の看板に「あぐらをかく」時代と決別し、弊社は今後、「地域貢献型ソリューションカンパニー」をキーワードに、総合広告会社の枠組みから飛び出し、お客さまのお悩みやご依頼にはとことん解決策をご提案し、共に繁栄を築かせていただく。また、その中で生まれる事業へのヒントを元に、現在の事業の枠組みに捉われず、地域のためになると判断したものには、慎重を期しながらも、果敢に新規事業へのチャレンジを行っていく。地域に寄与できる総合商社を目指してまいります。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    日々、家庭を省みることなく仕事にまい進できるのも、家内と3人の娘たちの笑顔と成長のおかげだと思います。これまで人生に行き詰まる場面では、大変な苦労や心配をかけました。これからも心配をかけると思いますが、かならず、立派な一家を築けるよう、感謝を仕事で表したいと思います。本当に、いつもありがとう!!
  • 仲間へ

    私の厳しい指導にも、必死に付いてきてくれること、またそれぞれが、会社のために、私のために何をなすべきかを考えて行動してくれること。皆さんの成長が私の最大の喜びであり、励ましであります。日々、最高に良い雰囲気づくりを心掛けてくれている皆さんに、心から感謝しています。
    まだまだ、発展の段階です。今は仮の姿です。さらなる文宣の発展のために、互いが努力し合い、足りない部分は補い合い、至らない部分は支え合いながら、これからもなりたい理想の自分になるために頑張りましょう!
  • 未来の仲間へ

    出会いは偶然ではなく、必然だと信じています。私共と一緒に苦楽を共にできる仲間は、必然に集まると信じています。いち早くお会いできることを楽しみにしつつ、私たちも日々努力いたします!

COMPANY

会社情報

社名株式会社文宣
本社〒880-0007
宮崎県宮崎市橘通西5丁目1-24 矢野興業第2ビル4階
設立1949年3月
資本金10,000,000円
事業内容総合広告会社
社員数11名
採用募集新卒採用 中途採用
HPhttp://www.bunsen.co.jp/

担当者コメント 取材を終えて

お客さまには精神誠意を尽くして接し、“社員もその家族も全ては自分の家族”と考えている濱元社長。仕事人である前に、いち人間として“人”を大切にすることが、仕事をする上でいかに大切なことかをあらためて考えるきっかけになりました。「地元の宮崎県のために発展し続ける企業にしていく」と語る濱元社長の活動から今後も目が離せません!