トップ > 社長記事一覧 > 五十嵐 康光

ニッポンの底力 社長チップス

“三気”でかなえる顧客の夢

茨城県代表

株式会社五十嵐建設

代表取締役

五十嵐 康光(60)

生年月日1956年11月15日
出身地茨城県
出身校茨城県立水戸商業高等学校
会社設立1957年7月
社長就任1998月1月
資本金20,000,000円
従業員数13名
事業内容建築工事業、土木工事業、大工工事業、左官工事業、土工工事業、石工事業、屋根工事業、板金工事業、ブロック工事業、鋼構造物工事業、鉄筋工事業、ガラス工事業、塗装工事業、防水工事業、内装仕上工事業、熱絶縁工事業、建具工事業、管工事業、ほ装工事業、とび、タイル、レンガ
自社の強み小さなものから大きなものまで、お客さまの要望に応じた建築物の全てがつくれること。つくれないものは……ない! ものづくりを通じて、お客さまの夢をかなえている。
尊敬する人父親
おすすめ本『忠犬ハチ公』
パワー飯白いご飯に納豆と卵をかけ、それを焼きのりで包んで食べる。
底力の源朝、シャワーを浴びて、全身を清めて、髪型もセットすると、パワーが注入される。そして、仏壇に手を合わせ、昨日の報告と「今日も一日よろしくお願いします」と念ずる。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    7
  • 体力

    8
  • 統率力

    8
  • 人望

    8
  • 8
  • 行動力

    7
  • プレゼンテーション力

    6
  • コミュニケーション力

    8
  • 継続力

    7
  • 精神力

    7
  • 忍耐力

    8
  • 見た目・容姿

    7
  • 実行力

    6
  • 仲間からの愛され力

    6
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    6
  • スピード

    7
  • ユーモア

    8
  • サービス精神

    8
  • 包容力

    8
  • 駆け引き力

    6
  • 謙虚さ

    7
  • 愚直さ

    5
  • 気づかい力

    7
  • 直感力

    8
  • 器用さ

    6
  • まめさ

    6
  • 処世術

    6
  • 信念

    7
  • カリスマ性

    6
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    1882年4月に、初代・五十嵐藤蔵が「五十嵐指物店」を開業。建具・家具の製造販売を営み、各官庁、学校などの営繕工事に従事。鉄道(後の水郡線)開業により、駅舎などの建具工事を請け負うようになる。その後も2代目、3代目と続く長い歴史の中で、さまざまな工事業を請け負ってきた経験と技術で、専門分野の幅を広げていく。1998年1月、代表取締役として、五十嵐康光が就任。4代目に。以後、創業130年以上続く五十嵐建設の伝統を守り続けるとともに、最新の技術を取り入れながら、住まいづくり・街づくりを通して地域社会の発展に貢献している。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    とことん感性を大切にし、相手の気持ちを考えること。この2つにこだわりを持たなければ、良い作品は生まれないと考えている。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    “三気”を持つこと。三気とは、やる気、元気、本気。中でも本気は、とても大事。物事は何でも本気になりさえすれば、成功する。成功しない人は、本当の本気になっていないから。他は、社員全員が同じ方向を向けるよう、先導すること。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    これといった得意技は、ない。しいていうならば、(得意技、ではないかもしれないが)仕事への熱意や情熱は誰にも負けないということ。私の情熱は、一緒に仕事をすれば、感じ取ってもらえると思う。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    いろいろありすぎて1つに絞ることはできないが、常に“三気”を持ち、困難を乗り越えてきたことは確か。そして、やはり健康第一。健康があるからこそ、現場にも立てる。過去、「本当に死ぬんじゃないか」と思う仕事にいくつか遭遇してきたが、“三気”と健康を武器に、ときに神がかり的な力も得ながら、今日まで来た。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    ・仕事が好きだから。好きな仕事だから、いつも本気になれる。
    ・お客さまの喜びのため。こちらも、ものづくりを通じて、感動をいただいている。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    5年後に、今の売り上げを倍にする。確実に利益をあげることが、大切。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    自分にとっての、励み。
  • 仲間へ

    いつも、“何とか”してくれて、ありがとう。誰かが一人でも欠けたら、現場は成り立ちません。
  • 未来の仲間へ

    ものづくりを通じて、私たちと一緒に感動しませんか?

COMPANY

会社情報

社名株式会社五十嵐建設
本社〒310-0012
茨城県水戸市城東3丁目1-78
設立1957年7月
資本金20,000,000円
事業内容建築工事業、土木工事業、大工工事業、左官工事業、土工工事業、石工事業、屋根工事業、板金工事業、ブロック工事業、鋼構造物工事業、鉄筋工事業、ガラス工事業、塗装工事業、防水工事業、内装仕上工事業、熱絶縁工事業、建具工事業、管工事業、ほ装工事業、とび、タイル、レンガ
社員数13名
採用募集新卒採用 中途採用
HPhttp://www.igamo.co.jp/

担当者コメント 取材を終えて

「アイデアを実現する技術力」があるからこそ、常にチャレンジできる環境があり、それを乗り越えることで自信につながるのだと感じました。また、「できる・できない」ではなく、どうしたら実現可能かを考える姿勢に、プロとしての意識の高さを感じ、アイデアを形にすることの大切さを教えていただきました。