トップ > 社長記事一覧 > 荒木 克彦

社員を世界一幸せにする!

東京都代表

株式会社one

代表取締役

荒木 克彦(38)

生年月日1979年6月16日
出身地神奈川県
出身校桐蔭横浜大学
会社設立2010年9月
社長就任2010年9月
資本金10,000,000円
従業員数10名
事業内容PR・マーケティング支援
自社の強みマーケティングソリューションの知見をもったPR会社であること。
尊敬する人両親
おすすめ本『奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメ』
パワー飯カレーうどん
底力の源社員の夢がかなう瞬間!

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    6
  • 体力

    10
  • 統率力

    9
  • 人望

    9
  • 10
  • 行動力

    10
  • プレゼンテーション力

    9
  • コミュニケーション力

    10
  • 継続力

    9
  • 精神力

    10
  • 忍耐力

    7
  • 見た目・容姿

    5
  • 実行力

    8
  • 仲間からの愛され力

    10
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    2
  • スピード

    9
  • ユーモア

    5
  • サービス精神

    10
  • 包容力

    5
  • 駆け引き力

    2
  • 謙虚さ

    5
  • 愚直さ

    5
  • 気づかい力

    9
  • 直感力

    10
  • 器用さ

    3
  • まめさ

    3
  • 処世術

    8
  • 信念

    10
  • カリスマ性

    8
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    学生時代に「30歳を過ぎたら、会社をつくってみたい」と思うようになりました。20代中盤のときに、先輩と一緒に独立するチャンスをもらい、いろいろな経験をさせていただきました。そのなかで自分自身が本当にやりたいサービスと出会えたので、独立しました。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    社員の幸せを第一に考えていることです。自社のビジョンとして「世界一社員が幸せに生きられる会社」を掲げています。また、コンテンツ業界ではまだ新参のため、既存にとらわれない企画や展開にもこだわっています。そうした企画力およびクリエイティブ力を武器に、マーケティングの理解が深いPR会社として存在し続けたいと思っています。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    人と関わる上で「常に最高の準備をすること」を大切にしています。「会話の最後は、笑顔で!」もモットーにしています!

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    社員の夢を本気で考えるということを意識しています。社員の夢を本気でかなえるために、どうしたいか!?を考え続けています。また、業界問わず、多ジャンルをつなぎ合わせるネットワークがあります。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    社員に初めてボーナスを支払えたときは感動しました。また、「oneの社員さんは生き生きしてますね!」とお客さまからお声掛けいただけると、本当に力になります!

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    「世界一社員が幸せに生きられる会社」をつくりあげるためです。その取り組みのなかで、たくさんパワーをもらえるので、最高の人生です!

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    「世界一社員が幸せに生きられる会社」をつくり続ける!

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    いつもありがとう。
  • 仲間へ

    いつもいつもありがとう。
  • 未来の仲間へ

    はやく会いたいでーす! 待ってます!

COMPANY

会社情報

社名株式会社one
本社〒150-0036
東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
設立2010年9月
資本金10,000,000円
事業内容PR・マーケティング支援
社員数10名
採用募集新卒採用 中途採用

担当者コメント 取材を終えて

社員が世界一幸せになれる会社を目指している荒木社長。ビジネス的なビジョンに重きを置く経営者が多いなかで、「社員の幸せのために経営している」と言い切る荒木社長からは、社員に対する愛情の深さを感じました。「株式会社oneの社員は、生き生きしている」と周囲の方々が思うのは、荒木社長自らが社員の夢をかなえるためにサポートし、働きやすい環境づくりを続けた成果そのものではないでしょうか。