トップ > 社長記事一覧 > 和田 昌之

一歩を踏み出す勇気

東京都代表

エクスアーツジャパン株式会社

代表取締役社長

和田 昌之(39)

生年月日1978年9月13日
出身地京都府
出身校滋賀県立大学
会社設立2005年1月
社長就任2005年1月
事業内容TVアニメ・マンガの企画プロデュースおよび商品企画
自社の強み馬力のある個性の強いメンバーたちが交差して生み出す商品・作品群。
尊敬する人“夢”をつくり続けるクリエイター、制作者、プロデューサーの皆さん
おすすめ本『キングダム』、『神の雫』、『べしゃり暮らし』
パワー飯神保町のカレー
底力の源人との出会いとおいしいごはん。お寿司。焼き鳥! カレー!!

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    8
  • 体力

    8
  • 統率力

    5
  • 人望

    3
  • 10
  • 行動力

    10
  • プレゼンテーション力

    7
  • コミュニケーション力

    9
  • 継続力

    3
  • 精神力

    8
  • 忍耐力

    3
  • 見た目・容姿

    3
  • 実行力

    9
  • 仲間からの愛され力

    3
  • 仲間を愛する心

    8
  • 女子力

    6
  • スピード

    9
  • ユーモア

    7
  • サービス精神

    9
  • 包容力

    4
  • 駆け引き力

    1
  • 謙虚さ

    8
  • 愚直さ

    5
  • 気づかい力

    10
  • 直感力

    8
  • 器用さ

    3
  • まめさ

    4
  • 処世術

    5
  • 信念

    10
  • カリスマ性

    2
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    ITベンチャー会社の取締役をしていましたが、「27歳までに起業する」という目標を23歳のときに設定しており、少しフライングして、26歳で起業しました。やるからには、子どもの頃に夢と希望をもらったアニメ・マンガのエンターテイメントを軸にして、世界中の人に夢と希望を与える事業をしたいと考えていました。日本のアニメやマンガを、「世界に発信していく」という意味で“Export Arts”を略し、エクスアーツと名付けて創業にいたりました。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    企画およびクリエイティブ。コンテンツ業界ではまだ新参であることもあり、既存に囚われない企画や展開などをさせていただいています。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    “作品愛・商品愛”です。経営なので、売上や数字、効率などを考慮することは当然必須ですが、プロジェクトに携わるメンバーが作品・商品に愛情を持っていないと、良い商品は生まれません。例えば、商品を一つつくるにしても、設定資料だけ読んで、デザインは有りものでつくることもできます。しかし、ちゃんと作品を見て、脚本も読んで、脚本の裏側にある心理状態や、作品のファンの方々が何を感じ取るのかまで、一貫して想像するプロセスが重要。キャラクターにしても、「AさんとBさんは、最初はライバルだけど、途中から友達になるから、9話目以降の発売商品は、手をつながせよう!」とか、作品に対する愛こそが、良い商品を生み出す原動力になります。これは作品や商品に限らず、プロジェクトを進めるチームのメンバー同士の関係性にも言えますし、イベントにも言えます。最初はバラバラだった個性や価値観が、話し合ううちに一つに修練されて、「このキャラはこう思ってるよね」とか、「この商品はこんなシチュエーションで手に取ってもらえるよね」など、関わるメンバー同士が以心伝心する瞬間が、とても大切だと思います。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    業界問わず多ジャンルとのつなぎ込みです。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    前へ前へ向かうのが好きなので、基本的に過去のことはすぐ忘れちゃいます……。ただ、一つエピソードを挙げるとすれば、リーマンショックのときに、大阪事務所を撤退して、東京事務所も縮小したことはつらい出来事でした。今からタイムリープすれば、いろいろ対策を講じられたと思いすが、その頃29歳だった私の力不足で、当時の社員に退職してもらわざるを得ない状況が生じました。社員の皆にそれを伝えるとき、本当申し訳なくて……、今でも夢に出てきます。毎月1,500万円くらい現金がなくなっていきました。4,500万円借り入れしても、3ヵ月でなくなり、夜も寝れず、目をつむると石状の巨大な数字(4とか7とか)が、上空から降ってきて、“ズドーン”と自分の体に突き刺さる幻覚を見るようにまでなりました。先輩社長の結婚披露宴で、向かいに座った別の先輩社長から「和田ちゃん、顔、暗い! 明るくいけ、明るくっ!」と言ってもらい、ハッとして「そうだ、前を向かなきゃ」と思い、踏ん張ることができました。そのとき一緒に踏ん張ってくれたスタッフのみんな、支えてくださった周囲の方々には、一生分の御恩があると感じています。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    サラリーマン勤めで25歳で取締役になったとき、当時はかなり生意気で、扱いづらい社員だったと思います。会社の方針など関係なしに、「社長お言葉ですが!」とか、「僕の考えは違って、こうしたほうがいいです!」とかしょっちゅう発言していました。そんなことばかりしていたので、組織に中で浮いてしまいました。「自分の夢に向かってやりたいことをやろう」と決めたのが26歳の春。多分、誰かに仕えるのが本質的に向いていないと、そのとき感じました。もともと飽きっぽい性格なので、僕の人生で5年以上続いているのは、ピアノのレッスンと、会社経営だけ(笑)。起業して丸12年、関わってくださる皆さんのおかげで、やめることなく経営を続けることができています。作品やグッズを世に送り出すことで、世界中の人々を「あっ!」と驚かせたり、楽しんでもらったり、勇気を持つきっかけになったりと、喜怒哀楽をお届けできるのが、何よりも幸せであり、この仕事の醍醐味だと思っています。経営をし続けるのは、この仕事、このスタイル以外、考えられないからです。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    ・アニメ・マンガ作品300タイトル以上に関わること。
    ・“夢を生み出す人”を一人でも多く輩出すること。
    ・日本のコンテンツを世界に発信し続けること。
    ・日本のコンテンツをきっかけに、世界中の人に「一歩を踏み出す勇気」を与え続けること。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    いつも支えてくれて、見守ってくれて本当にありがとう。
    これからも全力で頑張ります!
  • 仲間へ

    風呂敷を広げるのは得意といわれますが、閉じるのは苦手でして……。そんな自分についてきてくれて、本当にありがとう。いつも感謝です。自分一人ではできないことを、みんながいてくれるおかげで夢に向かって走ることができています。力を合わせて、夢と希望を世界中に届けていきましょう!
  • 未来の仲間へ

    アニメ・マンガは、人の心を豊かにします。明日への活力、成長のきっかけ、癒やしの時間、刺激的な時間を過ごす……など、作品やテイストによってまちまちですが、それらを生み出して、世に送り出すことで、何万人、何百万人の方が熱狂するパワーの原泉になることは間違いありません。今はかたちになっていないアイデアや動機を、ぜひ一緒のチームで一丸となって世に発信することができればいいなと思います。

COMPANY

会社情報

社名エクスアーツジャパン株式会社
本社〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-10-8 秀永神田ビル5F
設立2005年1月
事業内容TVアニメ・マンガの企画プロデュースおよび商品企画
採用募集新卒採用 中途採用
HPhttp://www.xarts.jp/

担当者コメント 取材を終えて

「事業を通して、世界中の人々に“一歩を踏み出す勇気”を与え続けたい」と語る和田社長。ご自身が子どもの頃に、夢や希望を与えてもらったアニメやマンガの素晴らしさを多くの人々に広めたいという一心で、26歳のときに勤めていた会社を退職し、起業されました。まさに、夢をかなえるための“一歩を踏み出す勇気”がきっかけとなり、現在の実績につながっています。歩み続けてきた今があるからこそ、ご自身が感じた”一歩を踏み出す勇気”の大切さを、これからも事業を通して和田社長は伝え続けていきます。