トップ > 社長記事一覧 > 平野 哲也

絶対に伝えたい物語がある

東京都代表

株式会社オンリーストーリー

代表取締役

平野 哲也(27)

生年月日1990年9月29日
出身地神奈川県
出身校早稲田大学
会社設立2014年2月
社長就任2014年2月
事業内容中小企業経営者のプラットフォーム『ONLY STORY』の運営
自社の強み累計取材社長数650社。月に新規で約30社長を取材する体制。毎月インタビュアーが約20名応募がくる体制。日本初のモデル『チラCEO』。県や市からの多数表彰実績。
尊敬する人父、錦織圭選手
おすすめ本『HARD THINGS』
パワー飯渋谷にある定食屋のせせり定食
底力の源平野哲也という人間の可能性の検証欲求。好きな中小企業を支援したいというエゴ。強くて良い会社をつくりたいという想い。

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    8
  • 体力

    6
  • 統率力

    7
  • 人望

    8
  • 8
  • 行動力

    7
  • プレゼンテーション力

    9
  • コミュニケーション力

    8
  • 継続力

    6
  • 精神力

    8
  • 忍耐力

    8
  • 見た目・容姿

    1
  • 実行力

    8
  • 仲間からの愛され力

    8
  • 仲間を愛する心

    9
  • 女子力

    4
  • スピード

    7
  • ユーモア

    6
  • サービス精神

    4
  • 包容力

    5
  • 駆け引き力

    4
  • 謙虚さ

    4
  • 愚直さ

    6
  • 気づかい力

    4
  • 直感力

    5
  • 器用さ

    4
  • まめさ

    3
  • 処世術

    2
  • 信念

    9
  • カリスマ性

    6
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    父親と叔父が中小企業の経営者だったので、周りに中小企業の経営者が多い環境で生まれ育ちました。さまざまな経営者の背中を見ていくうちに、自分自身も自然と経営者という生き方に憧れを抱きました。中小企業の方々とかかわっていく環境の中で、その方たちのことを純粋に好きになっていき、いつしか役に立ちたいと思うようになりました。
    そして、「中小企業支援をする会社を、自分で経営しよう」と思い立ち、就活をせずに社会人1年目で会社を設立しました。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    取材させていただく社長、1社1社にお手紙を書くこと。また、月に一度メンバーへのお手紙制度なども行っています。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    時期やフェーズにもよりますが、現時点で大事にしているは“バランス”と“成長”です。

    ・短期最適化と中長期最適化のバランス
    ・強さ軸と良さ軸のバランス
    ・ゲゼルシャフト軸とゲマインシャフト軸のバランス
    ・右脳と左脳のバランス
    ・IQ,EQ,AQのバランス
    ・リアルとアナログのバランス
    ・上流工程として、そもそもバランスをとるべきことと、バランスをとらず突き抜けるべきことのバランス

    これらの要素においてX軸、Y軸、Z軸、さまざまな視点から比率バランスを意識して経営しています。さまざまな経営者の方々のお話を聞きながら、比率だけでなくそれぞれの絶対値の面で、個人としても企業としても成長していこうということを大事にしています。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    丁寧に思考することと、ゴキブリのような粘り強さに自信があります。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

    大学時代に、頭にウィルスが入る髄膜炎を経験した後、起業前後に肺に穴が空く肺気胸を2度経験。さらに盲腸が破裂する腹膜炎を経験しました。それぞれ全身麻酔の大きな手術を行い、入院生活を送りました。入通院を繰り返し、闘病生活を経験し、結局大学の卒業式も病院のベッドの上で1人で迎えました。
    この起業前後の出来事は、私にとって深く印象に残っています。起業のプレッシャーやストレスだけでなく、病気と闘いながらの創業というのが少し大変でした。

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    いくつかあるのですが、なかでも以下の3つの欲求が原動力になっています。
    一つ目は、「中小企業が好きで、そんな中小企業を支援したい」という社会的な側面からくる、“経営継続”の欲求です。二つ目が「強くて良い会社、”強良い(つよいい)”会社をつくりたい。マジで」というオンリーストーリーの代表としての“経営者目線”の欲求。そして最後が、「平野哲也という人間がどこまでいけるのかを検証したい」という“個人的”欲求です。良くも悪くも、“平野哲也”の持つ可能性を広げ続けていきたいです。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    弊社の事業展開は、3つのフェーズに分けられます。今までは、第1フェーズとして『サイトに社長を集めること、集まり続ける体制をつくること』を軸にしてきました。これからの第2のフェーズでは、その内容を基に『社長のコミュニティ化、決裁者アプローチの促進』を進めていきます。そして長期的な第3フェーズでは、それまでの活動で得てきた社長のネットワークとリソースを生かして、『大手と中小のマッチング、M&A支援、与信領域への展開、採用支援』など、さまざまな領域に横展開していきたいと考えています。そして、中小企業の抱える課題を一つ一つ解決していき、中小企業を元気にしていきたいです。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    私は基本的に一度決めたらその道を突っ走ってしまうのですが、それで一番誰に迷惑かけたかというと、間違いなく家族です。いきなり「会社つくることにした」とか「しばらく旅に行ってくる」とか……事後報告が多いんです。それでも、そんなときいつも家族は応援してくれます。一番身近な家族だからこそ、“進みたい道を尊重する”ということを口で言うことはできても、実際にはなかなかできないと思います。本当にただただ感謝しています。すてきな家族に恵まれて僕は幸せです。
  • 仲間へ

    僕が会社つくったとき、ほぼ1人状態でした。毎朝マクドナルドに朝10時集合と決めるのですが、11時に行っても12時に行っても誰にも何も言われない。これ、結構さみしくて。その時に、「仲間ほしいなあ」とか強く思ったんです。
    そんな僕も、今ではすてきすぎる仲間に恵まれています。これは本当に奇跡だなといつも思っています。実際、こんなベンチャーすぎる会社で働くのって、社員からしたら怖い部分も多いと思います。だからこそ、仲間にはただただ感謝しかないです。ありきたりな言葉ですが、みんなのことが本当に好きです。本当にいつもありがとうございます。
  • 未来の仲間へ

    オンリーストーリーでは、『社長を取材する学生インタビュアー』を絶賛募集中です。
    いろいろな企業を見れて、社長の話を直接聞けます。毎月20人以上応募あります。興味ある方はぜひご連絡ください^^

    https://www.wantedly.com/projects/89398"

COMPANY

会社情報

社名株式会社オンリーストーリー
本社〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-5-12青山アジアマンション501号室
設立2014年2月
事業内容中小企業経営者のプラットフォーム『ONLY STORY』の運営
HPhttps://onlystory.co.jp

担当者コメント 取材を終えて

周囲に経営者が多い環境で生まれ育ち、現在も仕事を通して業界問わず多くの社長と関わっている平野社長。さまざまなタイプの経営者にお会いした経験が蓄積されているからこそ、自分自身の経営者像もしっかりと構築され、若くして芯のある経営者になられたのではないでしょうか。現状に満足せず、常に“進みたい道を進み続ける”平野社長のストーリーは、まだまだ続きます!