トップ > 社長記事一覧 > 髙田 洋介

クリエイターとしての自覚

東京都代表

株式会社バレットクリエイティヴ

代表取締役社長

髙田 洋介(41)

生年月日1976年7月20日
会社設立2008年7月
社長就任2008年7月
資本金10,000,000円
事業内容デザイン制作(広告・WEB・パッケージ・キャラクター・CI/VIロゴ及びブランディング・キャスティング)
自社の強み高いデザイン力とクリエイティビティ
尊敬する人加糖文太郎
おすすめ本『凍』
パワー飯トマトとオリーブオイルのスープパスタ、納豆、レバニラ定食
底力の源登山とお酒

SNSでこの社長を応援!

COMBAT ABILITY

社長戦闘能力測定 (自己採点)

総合得点

0

  • 知力

    5
  • 体力

    5
  • 統率力

    5
  • 人望

    5
  • 5
  • 行動力

    5
  • プレゼンテーション力

    7
  • コミュニケーション力

    7
  • 継続力

    5
  • 精神力

    5
  • 忍耐力

    5
  • 見た目・容姿

    5
  • 実行力

    5
  • 仲間からの愛され力

    5
  • 仲間を愛する心

    7
  • 女子力

    2
  • スピード

    9
  • ユーモア

    7
  • サービス精神

    5
  • 包容力

    5
  • 駆け引き力

    2
  • 謙虚さ

    5
  • 愚直さ

    5
  • 気づかい力

    5
  • 直感力

    5
  • 器用さ

    7
  • まめさ

    3
  • 処世術

    2
  • 信念

    5
  • カリスマ性

    2
平均0.00/10.00

EPISODE

“塩の味”を知る 社長エピソード

  1. EPISODE

    1

    設立の経緯 これまでの道のり

    新しい表現を自由かつスピーディーに創造できる環境をつくりたいと考え、設立にいたりました。

  2. EPISODE

    2

    自社の強み 社長のこだわり

    広告デザイン・パッケージデザイン・キャラクターデザイン・WEBデザインまで、難しいご要望の案件でもクリアできます。

  3. EPISODE

    3

    私の考え 経営において大切なこと

    安定性と時間とスタッフです。

  4. EPISODE

    4

    私の強み 得意技

    クリエイターとしての自覚と意識を伝えること。

  5. EPISODE

    5

    社長ならではの話 汗と涙のエピソード

  6. EPISODE

    6

    前に進める理由 なぜ経営し続けるのか

    経営すること自体にこだわりがあるわけでなく、 自然と経営している現状があると考えています。

  7. EPISODE

    7

    今後の展望 これからのこと

    “デザイン”は、全ての物・コト・コミュニケーション・ヒトに必ずくっついてきます。意識せずとも、常に「デザイン」は側にあります。さまざまな分野のデザインを理解し意識することで、より社会が豊かになると信じているので、あらゆる分野のデザイン領域をつないで社会貢献していくようなプロジェクトを考えていきたいと感じています。

MESSAGE

大切な人に伝えたいメッセージ

  • 家族へ

    今後ともよろしくお願いします。いつもありがとう。
  • 仲間へ

    感謝。
  • 未来の仲間へ

COMPANY

会社情報

社名株式会社バレットクリエイティヴ
本社〒153-0061
東京都目黒区中目黒3-1-5 YK中目黒ビル5F
設立2008年7月
資本金10,000,000円
事業内容デザイン制作(広告・WEB・パッケージ・キャラクター・CI/VIロゴ及びブランディング・キャスティング)
採用募集中途採用
HPhttp://www.bullet-c.co.jp/

担当者コメント 取材を終えて

「さまざまな分野のデザインを理解し意識することで、より社会が豊かになると信じている」と語る、髙田社長。「経営自体にこだわりはない」と言い切る姿勢からは、一人のクリエイターとしての自覚と自信が伺えます。デザインへの飽くなき探究心がクオリティの高さを生み、それがお客さまの満足度に直結するからこそ、経営自体に興味がなくてもバレッドクリエイティヴのクリエイティビティを求める顧客が絶えず、結果的に経営が成り立つのではないでしょうか。デザインを通して、人の心や生活を豊かにしている髙田社長の企業・社会への貢献は、これからもずっと続いていきます!