株式会社キューブアンドカンパニー

代表取締役

荒内 慎孝斗社長

ARAUCHI MAKOTO

ゼロイチを創るコンサル集団

戦略コンサルやITコンサルなどを行うキューブアンドカンパニー。高度なコンサルティング業務で鍛えられた人材力を活かし、新規事業の創造に挑んでいます。そんな同社の経営トップが荒内社長です。今回のインタビューでは、多岐にわたる質問に対してロジカルで明快な回答を続けてくれました。身にまとっていたのは、シックなジャケットとダメージデニム。あたかも社長自身が「論理と感性」「課題解決と創造」といった同社の両義性を体現しているようでした。

Support
comments応援コメント

  • かっこいい会社ですね!自然体で仕事していて活躍されている方がいらっしゃるんだなと思いました!学生
  • まこ、がんばれ主婦
  • すごいオシャレでかっこいい会社で惹かれました。ストーリーで親近感がわく!応援してます!!学生
  • EPISODE
  • ABILITY
  • MESSAGE

EPISODE“塩の味”
を知る

荒内 慎孝斗社長のエピソード

設立の経緯

これまでの道のりを教えてください。 もともと親が自営業で、まわりの大人も経営者ばかり。大きくなったら社長になるものだと幼心に思っていました。そして中学時代、クラスメイトの加賀(現:常務取締役)と出会い、「将来は一緒に会社をやろう!」と意気投合しました。大学時代に立てた目標は、30歳までに起業すること。まずはITベンチャー企業に就職し、コンサルティング業務や経営企画の業務全般に携わりました。そこで経験を積みながら、週末に着々と起業準備。同僚の勝俣(現:取締役副社長)、同級生の加賀とアイデアをぶつけあい、29歳のときにキューブアンドカンパニーを設立しました。社名の「キューブ」とは、縦・横・高さの3軸で構成された立方体。創業メンバー3名の掛け算を表しています。

自社の強み

社長のこだわりを教えてください。 スタイリッシュであることです。たとえば、社員の身なりや立ち居振る舞いについて。「オシャレ手当」という当社独自の手当を毎年支給し、一人ひとりに自分なりのカッコよさを模索してもらいます。スタイリッシュを重視する理由は、社員の感性を磨くため。ロジカルに考えるのは、コンサルタントとして当然です。ゼロからイチを創るため、私たちはアート思考を鍛えています。・・・といった説明は簡単ですが、これも論理思考の範囲内。理屈じゃなくて、とにかくカッコいいのが好きなんです!

私の考え

経営において大切なことは何ですか? ‟義”をつくすことです。つまり、人として正しい道を守ること。儒教的な原理原則です。また、社名にある「カンパニー」という言葉は「仲間」を意味しており、社員・顧客・取引先といった当社の仲間に対して、誠意をもって最大限の価値提供に努めています。

私の強み

得意技は何ですか? 社員のマネジメントにおいては、アメとムチですね。「怒ったら褒める」というバランスを大切にしています。昔はムチが強く、社員を厳しく叱責することもありました。でも、そのスタイルじゃ人はついてきません。いまは冷静に淡々と注意するように気をつけています。私個人としては、目上の方の懐に飛びこむのが得意技。ゴルフ外交やお酒外交には、自信がありますよ(笑)

社長ならではの話

汗と涙のエピソードはございますか? 数年前、つらい別れがありました。彼は当社初の新卒採用メンバー。実家が自営業で起業志望など、私と重なる点が多く、かわいがっていました。ときには厳しく指導しながら、仕事終わりに飲みに連れていく。すくすく彼は成長し、入社3年目に子会社の社長に抜擢しました。でも期末に決算業務を手伝っていたら、不自然な数字を見つけたんです。彼に事情を聞くと、自身のミスを隠していたと告白。保身も人間らしいなと感じて、そのときは不問にしました。誰にでも間違いはありますから。そして彼のミスを修正し・・・2期目がスタート。なのに、再び同じような行為をくりかえしたんです。さすがにカッとなったとき、すでに彼の姿はありませんでした―。私も頭を冷やして、反省しましたね。「アイツに愛情をもって接しきれなかったから、こんな事態を招いたんじゃないか」。そう考えると怒りは消え去り、ただ寂しさがつのるばかり。それを機にマネジメントスタイルも変わり、人間的に丸くなりました。

前に進める理由

なぜ経営し続けるのでしょうか? 私にとっては当たり前の日常だからです。私の実家は愛知県の中小企業。卸売業や小売業などを営んでいました。そのせいか、小さな頃から経営者の家族が集うパーティーに参加。そういった環境が普通だったので、自然と社長になりました。だから、苦しいと感じたことはありません。ご飯を食べたり、呼吸したりするのと同じです。

今後の展望

最後にこれからのことをお聞かせください。 私たちコンサルタントは‟仕事力”がもっとも鍛えられる職種です。総合的なビジネススキルが身につくので、他分野でも活躍できるでしょう。だから、今後は社員を育てながら、どんどん新規事業を開発したい。そして、新規事業から得たノウハウを既存顧客に還元し、コンサル事業と新規事業の好循環を目指します。新規事業を展開する分野は「Technology」「Academy」「Asset」の3領域。ゼロからイチを創り出し、世の中に新しい価値を提供したいと考えています。その皮切りとして、クロステック(X-Tech)に関する著書を出版する予定です。

総合得点

0

  • 知力

    10
  • 体力

    5
  • 統率力

    10
  • 人望

    10
  • 10
  • 行動力

    5
  • プレゼンテーション力

    9
  • コミュニケーション力

    10
  • 継続力

    5
  • 精神力

    10
  • 忍耐力

    1
  • 見た目・容姿

    9
  • 実行力

    9
  • 仲間からの愛され力

    9
  • 仲間を愛する心

    10
  • 女子力

    10
  • スピード

    10
  • ユーモア

    10
  • サービス精神

    10
  • 包容力

    10
  • 駆け引き力

    10
  • 謙虚さ

    10
  • 愚直さ

    1
  • 気づかい力

    10
  • 直感力

    10
  • 器用さ

    10
  • まめさ

    10
  • 処世術

    10
  • 信念

    10
  • カリスマ性

    10
平均0.00/10.00

MESSAGE

大切な人に伝えたい

家族へ

愛してます。

仲間へ

会社を支えてくれて、ありがとう。自分の夢を叶えたいなら、もっと働け!

未来の仲間へ

働くことを楽しみましょう。かの孔子も「これを知る者はこれを好む者にしかず。これを好む者はこれを楽しむ者にしかず」という至言を残しています。つまり、学問や仕事を楽しめる人ほど、高い価値を発揮できる。会社としても、仕事を楽しみやすい環境を整えていきます。



荒内 慎孝斗社長のプロフィール

生年月日 1978年3月8日 出身地
出身校 南山大学 尊敬する人 大学時代の先輩、前職の上司、親父
おすすめ本 『The Goal 企業の究極の目的とは何か』『チーズはどこへ消えた?』 パワー飯 焼肉屋「セパラン」の塩ユッケ
底力の源 怒り

会社情報

社名 株式会社キューブアンドカンパニー
本社 〒103-0025
 東京都中央区日本橋茅場町2-17-5 CANALL日本橋2175 601号室
設立 2007年3月
社長就任 2007年3月
業種 コンサルティング
事業内容 コンサルティング業務/新規事業開発
社員数 40名
採用募集 新卒採用 中途採用
ホームページ http://cube-company.com/
自社の強み ジェネラリスト型のコンサルタント集団、スタイリッシュ社員のヒューマンスキル
この社長にコンタクト この社長に応援コメント

この社長が魅力的に感じたら
応援ボタンをクリック!

条件検索

都道府県を選択

業種を選択

こだわりの条件

絞り込む

各種お問い合わせ